「仲介」と「買取」の違い

不動産を売却する場合、売却方法は「仲介」と「買取」の2種類があります。
ここでは2種類の売却方法について説明していきます。

仲介と買取イラスト

一般的に「仲介」をする場合には、売却価格×3%+6万円(別途消費税)という仲介手数料がかかります。
そして、買主を探さねばならない、というのが一番の違いです。
すぐに購入したい人が見つかればいいですが、なかなか条件にあった人が見つからない場合も多くあります。

「早く売りたい」という方は「買取」の方が確実です。
不動産屋がいったん物件を買い取って、再度販売するというのが背景にあります。
リノゲートでは、買い取った物件を快適に住みやすく、おしゃれにリノベーションして販売しています。
しかしながら結果的に売却価格は「仲介」比べると「買取」の方が安くなってしまいます。

まとめると、
じっくり待つ時間のゆとりがあり、できるだけ高く売りたい方は「仲介」
多少安くなってもいいので、すぐに売ってしまいたい方は「買取」
をおすすめしています。

仲介における価格決定のしくみ

最初に、不動産屋があなた物件を査定して、「これぐらいの価格なら売れそう」と思われる価格を査定します。【①査定価格】

売主のあなたは大切な資産ですから、「できるだけ高く売りたい!」という想いがあると思います。【②希望売却価格】

しかし、売れなければ意味がありません。
査定価格や相場を踏まえて価格を設定し、チラシやネットワークをつかって売却を開始します。【③売出し価格】

すぐに買いたいという人が見つかればいいのですが、見つからない場合には価格の見直しをおすすめしています。購入を検討している人の希望する価格と調整して、売却する価格を決定します。

運が良ければ、売出し価格のまま、値引き交渉もせずに早々に売れていきます。
しかし、なかなか売れない場合には、価格を下げてもう一度チラシやネットワークを使って売出しをして、反応を見ることになります。