不動産購入の流れ | 広島市安佐南区,広島市周辺の不動産をお探しなら株式会社,リノゲートにお任せ下さい。

広島市安佐南区の戸建て・マンション・リノベーションならリノゲート
その他・その他コンテンツ・来店予約フォームその他・その他コンテンツ・来店予約フォーム

人生における大きな買い物だからこそ、慎重に調べて検討していきたい不動産の購入。まずは不動産を購入するまでの流れを押さえておきましょう!

これだけは押さえておこう! 不動産購入チェックポイント

Check! どんな物件を選ぶかは明確にしておきましょう!

不動産を購入する場合、土地を購入し住宅を建てるのか、建てられた住宅を購入するのか、新築か中古か、マンションにするのか戸建てにするのかなど、一口に不動産を購入すると言っても様々な方法があります。どんな形で購入するのかによって、資金計画や支払う税金、手続きなども変わってきます。それぞれにメリット・デメリットもあるため、自身や家族にとって良い環境、必要な条件や支払える価格帯と相談しつつ選択していきましょう。

 

Check! 「資金計画」は計画的に!

不動産の購入は高価な買い物となります。多くの人は住宅ローンを組んで、購入を進めていきます。資金計画は、今後の支払いに大きく関わってくるため、自身が無理なく返済していけるプランの選択をしていきましょう。事前に住宅ローンの知識収集やシュミレーションを行っておくことも大切です。

STEP1 情報収集・希望条件の整理・お問合せ・ご来店

5a471096296dd

まずは、情報収集と希望する条件の整理をしましょう。希望のエリアはどこなのか、どのくらいの価格で売られているのか、物件の相場はどれくらいなのか、実際に住んでみたい物件・土地など、情報収集をしておく必要があります。

また、自分で建てるのか、既に建てられた物件を購入するのか、マンションなのか戸建てなのかなど、希望する条件の整理をすることも大切です。どんな違いがあるのか、メリット・デメリットなども確認しておくと良いでしょう。

▶ 不動産豆知識

 

これから物件を探したい、希望に合う物件を見つけたいときは、お電話・メール・LINE・ご来店によりお気軽にお問合せ・ご相談ください。

▶ 売買物件検索

▶ お問い合わせ

STEP2 購入相談・お客様の希望条件確認

main

不動産購入に関しては、不動産会社に相談するのが一番です。自身での情報収集だけでは把握しきれない実際の相場や売却状況など不明点の相談や、条件と予算感から物件を提案してくれるので、検討の幅も広がります。

当社では、宅地建物取引士、建築士等の国家資格所有の専門スタッフがご希望の条件をお伺いしながら、土地や物件をご紹介いたします。また、土地・建物ご購入に関わる不明点や相談にもわかりやすく丁寧に対応いたしますのでご安心ください。

 

●不動産会社に相談するときに用意しておくと Good な情報

 住みたい地域(エリア)・物件の種別(マンション・戸建て・土地...etc)
 詳細な希望条件・広さや間取り・予算、購入方法(住宅ローン等)・購入希望時期

STEP3 資金計画

自己資金や収入からしっかりとした資金計画・返済計画を立てることが大切です。購入代金以外にも、仲介手数料や税金などの諸経費がかかります。更に引っ越し代金などもかかることから、どのくらい費用がかかるのかをしっかりと把握しておきましょう。ご家族からの贈与などを受け取る場合、早めに相談しておくとよいでしょう。

多くの人が住宅ローンを組み不動産を購入します。住宅ローンの種類やどこから借り入れるのか、月々の返済額がいくら位になるのかもこのタイミングで明確にしておきましょう。


▶ 住宅ローンのご相談はこちら

STEP4 物件見学・ご案内

イラスト1

資料をお渡ししますので、金額や法規内容等の物件情報をご確認していただきます。その後日程をお伺いしますのでご都合の良いお日にち、お時間に現地をご案内致します。(鍵の手配により当日のご案内はできない場合があります。)居住中の物件については、売主様とのご都合が合う日にご案内となります。
内覧時は実際にお客様の目で見ていただき、室内の様子・周辺環境・道路状況等の確認をしていただきます。
弊社はもともとリフォームをメインで業務を行ってきた為、中古物件の内覧時は建築業者目線で物件を見ることができ、必要があればリフォーム・リノベーションの大まかなお見積りもお出しできます。(正確なお見積りは後日となります。)

 

■見学時のチェックポイント■

☑︎ 建物の外観の確認
壁や屋根の塗装やひび割れなどの確認、庭や駐車場の広さを見ておくと良いでしょう
☑︎ 周辺環境のチェック
スーパーやコンビニなどのお店の有無、学校などの近隣施設、交通量やゴミ捨て場の確認などを確認しましょう
☑︎ 物件の室内のチェック
物件の購入であれば、実際の室内の設備や傷・汚れ、コンセントの位置なども見ておきましょう

STEP5 住宅ローン仮審査

イラスト2

気になる物件がありましたら住宅ローンの仮審査の申込みを行います。本申込みではないので仮審査をしたからといって審査が通っても必ずそこでローンの借入れとはなりませんが、実際に気になる物件が住宅ローンで購入できるかがここでほとんどわかります。実際に借入れる際の目安にもなります。

 
※銀行に提出いただく書類に必要なもの
ハンコ(認印可)、写真付きの本人確認証(免許証・写真付きマイナンバーカード・パスポート等)、源泉徴収票(無い場合は毎月の給与明細)

STEP6 購入申し込み

購入を決めたら、購入申込書を記入し書面にて購入の意思表示を行います。売り主様との契約条件を確認し、売買契約を進めていきます。このとき、「申込証拠金」として事前にお金を預けることもあります。

 

※この書類ではまだご契約とはなりません。

STEP7 重要事項説明・不動産売買契約

売却の流れ

●重要事項説明

重要事項説明書に記載されている内容を、宅地建物取引主任者免許を持つ有資格者がわかりやすくご説明し、最後に署名・捺印をしていただきます。
書面には、誰と誰が契約し、どこのどんな物件を購入するのか?その物件にはどんな規制があるのか?等、購入する物件についての詳細が記載されています。

 

●売買契約の締結

契約時は、契約書の内容を確認し、売主様・買主様ともに署名捺印をしていただきます。その後、契約手付金(契約金額の5%~10%)を売主様へお支払いして契約となります。
ハンコと写真付きの本人確認証(免許証・パスポート・マイナンバーカード等。物件によって必要なものが異なりますので、予めご説明いたします)をお持ちください。
また、この契約書はローン申込み・税務署への申告の際に必要となりますので、紛失されないようにお気を付けください。(所要時間約1時間)

 

不動産売買契約は、取引内容や当事者の権利・義務を明らかにし、確実な契約の成立をすることを目的としています。そのため、不動産売買契約の締結後は、契約書の記載内容に基づいて買主様・売主様が権利や義務を履行します。違反すると違約金の支払いが必要になる場合もあるため、不明点は明らかにしておきましょう。

また、このとき手付金や仲介手数料の支払いも発生しますので、準備しておきましょう。

STEP8 住宅ローンの本審査

イラスト3-2

住宅ローンを利用する場合は、売買契約後に金融機関で住宅ローンの申し込み手続きを行います。契約後、ローンの本申込みを行います。借入れる銀行等は様々な種類のものがありますので自由にお選びください。記入や書類等、手間のかかる手続きになりますが、わかりやすくご案内致しますので、安心してお任せください。
また、決済時までにご用意いただくものは、事前にご連絡致します。

 

▶ 住宅ローンのご相談もリノゲートへ

STEP9 残代金決済・引き渡し

決済当日は、司法書士の立会いのもと買主様へ確実に所有権の移転に関する書類の確認や抵当権の抹消ができることを確認していただいた上で物件の引渡しとなり、同時に売買代金から手付金を引いた残金・固定資産税の清算金等を売主様へ支払います。中古住宅の場合、物件の鍵はこの時に買主様へお渡しとなります。

後日、所有権移転後手続後に、司法書士より買主様へ登記識別情報(権利書)が渡され、物件購入の流れが完了となります。

 

■必要なもの
・印鑑
・住民票
・実印
・印鑑証明書
・金融機関預金通帳・本人確認書類(免許証・パスポート等)・残代金
・登記費用・固定資産税・管理費等の清算金・ローン諸費用
・仲介手数料・火災保険料 など…
※一般的に必要なものを挙げているため、実際の必要書類等は当社にお問い合わせください。

 

引き渡し後、引っ越し・入居となります。入居の翌年には、確定申告で住宅ローンの控除申請が必要ですのでお忘れなく。

新生活スタートまでの物件探しを当社がしっかりサポートいたします!

物件探しから新生活スタートまでのお困りごとやお悩みごとがありましたら
ぜひ当社にご相談ください。お客様の物件探しを最大限サポートいたします。

 

▶ お問い合わせ